えむ

小児患者さんにおける在宅酸素療法の特徴について教えてください。

守屋さん

小児HOTは、大人とは異なる点がいくつかあります。

まず、小児の場合、肺や気道が未熟な新生児や特定の先天性疾患を持つお子様も対象となります。
こういったお子様においては成人患者よりも慎重な酸素管理が必要です。

実際に在宅酸素療法を行う上で注意されていることは何ですか?

具体的には、安全に使っていただくためには機器を設置する場所が大変重要になります。

遊ぶ場所、ご飯を食べる場所、寝る場所などをなるべく細かく生活の状況を確認しています。

生活をイメージして設置してるんですね。

その通りです。
小さいお子様は酸素をつけていることを自覚せずに家の中を動き回ってしまいます。
導線を確認して適切な長さの延長チューブをセットすることも重要です。
チューブが長すぎると、ほかの兄弟や家族がチューブに引っ掛かり転倒しケガをするなどのリスクになりかねません。

それは大変ですね・・・
器械は一家に一台しかないんですもんね。

保険制度の関係で機器は一家に一台しか置けません。
家族構成や生活スタイルから、そのお宅の日常生活をこちらが想像して、リスクとなること、不便と感じることがなるべく無いように心がけています。

他にも気をつけていることはありますか?

直観的な操作が可能なユーザビリティや、本人や兄弟等が機器を誤って操作し意図しない設定変更を防止するためのチャイルドロック機能も必要に応じて設定します。

なるほど。

また小児患者のご家族は在宅生活をしていくために、育児にプラスして医療的ケアを自身が行うための訓練やさまざまな教育を短期間で詰め込んで帰ってこられます。
そこにさらに在宅酸素療法が大きな負担とならないような取り扱い説明や緊急時の対応等についてのわかりやすい説明を心がけています。